行政書士 軽部和夫 かるべ後見人事務所の任意後見

任意後見

判断能力があるうちに、将来の代理人(任意後見受任者)を定め、自分の判断能力が不十分になった場合に備えて、「任意後見契約」を公正証書で結んでおきます。将来自分はどんな生活をしたいかなど、自分の将来を自分で決めることができます。

任意後見制度の流れはこちら >>


任意後見人


  判断能力(※) 成年後見人等がすること
任意後見制度 任意後見契約を結ぶ契約能力を備えている方 任意後見人は、本人と相談して予め結んでおいた任意後見契約の内容に基づき、本人を支援します。