行政書士 軽部和夫 かるべ後見人事務所の任意後見契約書

任意後見契約書

任意後見契約締結については、まず本人が誰に頼みたいか、どういう時に何をして欲しいのかを十分確認する必要があります。そこで幾つかの類型が考えられます。

@ 即効型
判断能力が低下した者が、任意後見契約締結と同時に任意後見監督人を選任して、契約を直ちに発効させる形態。判断能力の低下はあるものの、任意後見契約を締結するだけの判断能力は有している場合に利用される。
A 将来型
現状では、任意後見を必要としないが、将来の備えとして任意後見契約を締結しておく形態。
B 移行型
任意後見契約締結に際して、同時に任意契約を締結し、本人の判断能力が健全な状態の段階においては、通常の委任に基づく事務を任意後見受任者に委ねておき、その後、本人の判断能力が低下した場合に、任意後見契約へと移行させる形態。

後見人コンシェルジュとしてはBの移行型契約を基本に


を必要に応じて組み合わせ信頼のおける人(任意後見人受任者)と任意後見契約を公正証書で結ぶことを提案します。

任意後見契約書サンプル